言葉を飲み込む

すずちゃん(小5)は、真面目で、毎日ピアノの前に座って練習はしてくるのですが、集中力が今一つ。

美女系ピアニスト3人による欧米の風

2019年6月30日(日曜日)15:00〜(開場 14:30〜)/2019年7月4日(木曜日)19:00〜(開場 18:30〜)

重野友歌 ピアノサロンコンサート

2019年3月24日(日曜日)15:00〜(開場 14:30〜)

めざせ、完走!ピアノマラソン

発表会を2週間後に控えた週末、モモちゃん(小3)のお母さんからメールが来ました。

みんなで連弾楽しみませんか?

アルコバレーノのアドバイス講師でもあり、ピティナ演奏会員でもある二人がデュオ・カントゥスとして指導・演奏します。

嬉しかった事は泡と消える

中学3年生の真琴ちゃん。お母さんはピアノの先生です。 幼稚園のころからピアノを始め、うちの教室に来て8年目になります。

100円玉貯金

萌華ちゃんは小学校2年生。 習い事がたくさんあって、ほとんど毎日学校帰りにいろんな習い事に行っている超忙しい小学生です。

言うは易し、行うは難し

咲弥ちゃんは小学校5年生。反抗期もあり、なかなかお母さんの言う事が素直に聞けません。 お母さんもその咲弥ちゃんの抵抗に、ある時は傷つき、ある時は自分を責め、浮き沈みの激しい日々を送っていました。

完璧な母

まだ娘たちが小学生だった頃、私は娘たちと毎日バトルを繰り広げていました。 普段は笑いが絶えず、本当に楽しい家族なのです。

数打ちゃ当たる大作戦

康介君は中学受験をして、第一志望の学校に合格し、レッスンに本格的に復帰したばかり。 1か月半後の発表会に向けて、苦手な譜読みと格闘していました。

やりたいという気持ちを形にする

次女の同級生に大督(だいすけ)君という男の子がいました。次女とは同じクラスになったことはなく、小学校、中学校とやんちゃな男の子で、あまり接点がありません。

とっさの時に守るもの

明子ちゃん(小4)は反抗期。 なかなか素直に親のいうことが聞けません。