顔が曇ったときには…

京子ちゃんは小学校3年生。 広島にお引越しで来られて、アルコバレーノの仲間に入ってくれました。

自分の中の宝探し

今日も、毎日の練習は嫌いだけど、歌は好き、音楽が好き、という生徒たちの話です。

やるときはやる女

千尋ちゃんは受験生となり、塾、ピアノ、部活動となかなか忙しい日々を過ごしています。

鮮度が決め手

いつも熱心にレッスンに通ってきてくれる楓ちゃん(小4)。親子でとても熱心、そしてチャレンジャーです。

鬼になる

コンクールの締め切りが近いというのに、一向に練習が進まない舞ちゃん(中1)。バッハのシンフォニアと格闘しています。

ニホンゴ ムズカシイデス

レッスンをしていると、私の言葉と生徒の言葉が違うと感じることがあります。

拓矢君サーカス団員になるの巻

週末にコンクール予選を控えても全然エンジンがかからない拓矢君(小5)。

さぼり虫とギリギリ星人

千尋ちゃんは小学校5年生、とっても素直でおしゃべりも上手な女の子です。

思いを告げる

恵理ちゃん(小6)は、小学校で最後の発表会が終わり、ホッと一息ついていました。